ダイヤモンド買取!ダイヤを高く売りたいならチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

ダイヤモンド買取専門業者がおすすめ

ダイヤモンドは非常に価値のある宝石なので、宝石を専門に扱っている業者以外も積極的に買取しています。
なんでも買取しているような業者で売ってもある程度の査定額にはなるかもしれませんが、
本当に高く売りたいのであれば、ダイヤモンドなどの宝石を専門に買取している業者を利用してください。
基本的になんでも買取しているリサイクルショップで売るよりも専門業者で売った方が買取価格は高くなります。

これは専門業者の方が宝石の査定を正確に行える鑑定士が揃っているからです。
なんでも買い取っているような業者の場合、ダイヤモンドを買取する機会がそれほど多くないため、
査定経験を積むことができません。
ダイヤモンドの査定は経験が必要になるので、常に査定を行っている専門業者のスタッフの方が力量が上です。
豊富な知識と経験を持つ鑑定士に査定してもらうことで、他の業者では評価されない部分も評価され、
査定額が上がりやすいです。
さらに他の業者で買取を断れたダイヤモンド製品も買取してもらえる可能性があります。
このような理由からなんでも買い取るような業者よりもダイヤモンド買取専門業者に売った方がいいといえます。

そして、地方に店舗を構えている業者よりも大都市に店舗を構えている業者の方が買取価格が高くなる傾向があります。
地方の場合、競争相手がいないため、高く買取しなくても潰れることはありませんし、
売る人も少ないので高く買取すると経営が成り立ちません。
一方、都市型の店舗は競争相手がたくさんいるので、買取価格が安いとライバルに負けて潰れてしまいますし、
売る人が多いので1回当たりの取引で得る利益が少なくても経営が成り立ちます。
これが地方の業者に売るよりも大都市の業者に売った方が買取価格が高くなる理由です。
そのため、首都圏で長く経営しているダイヤモンドの買取業者だと比較的高く買取してくれます。

全国チェーンの買取業者の場合、店舗によって鑑定士の力量にバラつきが生じやすいので注意してください。
鑑定士の力量が異なれば、同じ物を売っても買取価格に差が出てしまいます。
店舗が多ければ多いほど人件費やテナント代なども増えてしまうので、
高額買取をする余裕がないところもあります。
もちろん、全てのチェーン店に該当するわけではありませんが、
地域密着型の店舗を利用された方が査定額が高くなりやすいです。
ただし、地域密着型でも実店舗を持たずに宅配買取のみを行っている業者の場合、
トラブルが起きやすいので気をつけましょう。

売りたい方法・売りたいダイヤモンドで選ぶ

ダイヤモンドの買取方法によって業者を選ぶのもいいでしょう。
一般的な買取方法は「店頭買取」「宅配買取」「出張買取」の3種類です。
それぞれにメリット・デメリットがあり、買取業者にも得意不得意があります。

全国に店舗を構えているような業者は店頭買取が得意だと考えていいでしょう。
店舗数はホームページを見ればすぐに確認できます。
店頭買取を利用するメリットは、買取成立後すぐに代金を受け取れることです。
宅配買取とは違い代金が振り込まれるまで待つ必要がないため、ダイヤモンドをすぐにお金に換えたい方におすすめです。
鑑定士から直接査定額の説明を受けられますし、気になることをその場で解決できたり、
買取価格の交渉ができるのも店頭買取のメリットだといえます。
デメリットはわざわざ店舗まで行かないといけないので、時間と費用がかかることです。
忙しい人や近くに店舗がない人だと利用しづらい買取方法だといえます。

ホームページで宅配買取を大きくアピールしている業者は宅配型の買取を得意としています。
宅配専門の買取業者の場合、店舗の運営コストがかからないので、買取価格が高くなる可能性が高いです。
店舗に足を運ばなくてもダイヤモンドを指定した住所に送るだけなので手間も時間もかかりません。
これなら時間がない人や店舗が近くにない人でも簡単にダイヤモンドを売ることができます。
ただ、申込をしてから代金が入金されるまで時間がかかります。
お住いの地域によって異なりますが、いくらスピーディーなところでも1週間程度はかかると思った方がいいでしょう。

出張買取を専門に行っている業者は少なく、店頭買取や宅配買取と一緒に行っているケースがほとんどです。
実店舗を持たずに出張買取を専門に行っている業者は、宅配買取と同じく店舗の運営コストがかからないので、
買取価格が高くなりやすいです。
自宅まで業者が来てくれるので手間もかかりませんが、業者となかなかスケジュールが合わないことがあります。
出張買取のデメリットは、悪徳業者が来た場合、強引に宝石を買い取られる危険があることです。
しつこい営業マンだと断っても帰ってくれないので、しぶしぶ買取に出してしまう人も少なくありません。
場合によっては家にある宝石全てを買い取られてしまうこともあります。
買取価格が高ければまだ納得できるかもしれませんが、悪徳業者を利用すると相場よりも遥かに低い金額で
買取りされてしまいます。

宣伝方法や販売ルートのチェック

テレビCMやチラシでよく見かけるお店の方が高く買取してくれそうなイメージが強いでしょう。
よく目にする業者の場合、知名度が高いので安心感はありますが、高く買取してくれるかどうかは別の話です。
宣伝費用にお金をかけてしまうとその費用を回収するために買い取り価格を低くしないと元を取ることができません。
そのため、テレビCMでよく見かけるような宝石買取業者を利用すると安く買取される可能性が高いです。
逆に広告はインターネットのみといった宣伝費用をかけずに運営している業者はコストがかかっていないので、
高く買取してくれることが多いです。

そして、ダイヤモンドの買取業者を選ぶ場合、その業者が買い取ったダイヤモンドをどのようにして売却しているのかも
確認してください。
販売ルートが豊富な買取業者ほど在庫を抱えるリスクが少ないので、買取価格も高くなります。
買取したダイヤモンドを自社の店舗でしか販売していない業者は買取価格が安い場合が多いです。
高くダイヤモンドを売りたいなら、自社の店舗だけではなく、ネット通販やネットオークションで販売している業者を
選ぶようにしてください。
ネットで販売できる業者は買い取ったダイヤモンド製品をすぐに売りさばく自信があるので、
高額買取してもリスクがありません。

最近、増えているのが買取したダイヤモンドが海外へ輸出されるパターンです。
買い取ったダイヤモンドを業者オークションに出品します。
そこで海外の宝石商が落札し、日本のダイヤモンドが海外で販売されます。
中国やインドでの需要が高まっているので、このパターンがここ数年増えています。
業界オークションに出品している業者や海外に販売ルートを持っている業者を利用すると高く売れる可能性があります。

販売ルートは必ずしも大手だから多いとは限りません。
中堅以下のダイヤモンド買取業者の中にも豊富な販売ルートを持っているところもあります。
大手だから高く売れる、小さな買取業者だと安く買取されるといった固定概念は持たないようにしましょう。
小さな買取業者でも高額買取してくれるところはありますし、有名店でも安く買取しているところはあります。
知名度だけで選ばずに販売ルートや鑑定士のレベル、口コミなど様々な要素を総合的に判断して、
信頼できる業者に売ってください。
目の前で査定を行わない業者は信用できないので利用しないのが無難です。
しっかりと目の前で査定をしてくれる業者が一番信用できます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket