ダイヤモンド買取!ダイヤを高く売りたいならチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

悪徳な訪問買取に要注意

最近、増えているのが訪問買取によるトラブルです。
営業マンがアポなしで自宅に訪問して、ダイヤモンドをはじめ、金やプラチナ、ブランド品などを
強引に買い取るトラブルが増加しているので注意してください。
普通の買取業者は出張買取はしていても訪問買取はしていないので、 アポなしで訪れるような業者は
悪徳業者だと考えていいでしょう。

高く買取してくれるなら訪問買取でも全く問題ないですが、ほとんどの場合が極端に安いです。
相場からは考えられないような価格で買取しようとしてきます。
「断ればいいだけでは?」と思うかもしれませんが、そんな簡単な話ではありません。
断りたくても断れないのが訪問買取の怖さです。
断ってもしつこく粘って買い取るまで帰られない業者や言葉巧みに相手を言いくるめて買い取る業者、
脅して買い取る業者など様々です。
後から連絡しても電話が繋がらなかったり、そもそも連絡先を教えない業者も多いです。
このように売る気がないのに安く買い取られてしまうケースが増えているので、
自宅に営業マンが来ても入れないようにしてください。
仮に入れてしまって帰ってもらえない場合は、警察に連絡するというのもひとつの方法です。
「帰ってくれないなら警察を呼びます」と言えば、さすがにどこの業者も帰ってくれます。

また、自宅に営業マンが来た場合、行商従事者証の提示を求めてください。
行商従事者証がないとお客さんの自宅で買取業務を行うことができない決まりになっています。
見せてくれない業者は信用できないので注意しましょう。

ダイヤモンドを買取してもらう場合は、訪問買取ではなく、店頭買取や宅配買取、出張買取といった
一般的な買取方法で売るのが一番です。
出張買取を行っている業者は限られていますが、店頭買取と宅配買取はほぼどこの業者も行っています。
ただし、宅配買取を利用する際は本当に信頼できる業者なのかしっかりと調べてからにしてください。
「商品を送ったのに代金が入金されない・・・」「キャンセルをしたのにダイヤモンドが戻ってこない」
「高額なキャンセル料を請求された」といったトラブルに遭う可能性があります。
店頭買取や出張買取よりもトラブルに遭うリスクが高いので、実店舗を持たず、
宅配買取を専門に行っている業者には気をつけた方がいいです。
宅配買取の需要が増えたことにより、実店舗を持たない業者が多くなっています。
ただし、実店舗を持たない業者が全て悪徳業者というわけではありません。
運営コストを抑えられるので普通よりも高く買取してくれるケースも多いです。

どんな人が詐欺に遭いやすいの?

ダイヤモンドの買取詐欺に遭いやすい人は知識が全くない人です。
知識がないとその品物にどのくらいの価値があるのかや、買取業者によって価格が違うということを知らないので、
簡単に騙されてしまいます。
悪徳業者に騙されないためにもダイヤモンドの買取について少し勉強してから、査定に出した方がいいでしょう。

どの買取業者にもいえることですが、できる限り安く買い取りたいというのが本音です。
安く買い取ることができれば、それだけ利益が増えるので、当然といえば当然です。
どんなに良心的な買取業者でもビジネスで買取業務を行っているので、赤字になるほど高くは買取しません。
そのことを十分に理解してからダイヤモンドを査定に出してください。

できる限り安く買い取りたい業者は、最初から高い査定額は提示しません。
中には最初からギリギリの価格を提示してくれるところもありますが、そんな業者は稀だと思ってください。
基本的に最初は安い査定額を提示して、お客さんの反応を見るところがほとんどです。
それで納得してくれれば万々歳ですし、渋い顔をされた場合は少しずつ値上げしていけばいいだけなので、
この手法を使う業者が多いです。
仮に最初から赤字ギリギリの価格を提示してしまうと値上げ交渉に応じることができません。
提示金額が同じでも交渉でその価格になった方がお客さんの満足度が高く、売ってくれやすいです。
そのため、最初に提示された査定額を過度に信用するのはやめた方がいいかもしれません。
ダイヤモンド買取に関する知識がないことをいいことに安く買い取りしようとする業者は多いので、
騙されないようにしてください。

また、ハッキリと断れない人もダイヤモンドの買取詐欺に遭いやすいです。
「せっかく自宅まで来てくれたのに断るのは悪い」「すごくいい人だったから断りづらい」
「キャンセルしたいけど言いづらい」という人も多いでしょう。
ただ納得せずに売ってしまうと後から絶対に後悔するので、勇気を出して断ってください。
相手のことを考えてしまう人も多いですが、業者側は断れ慣れています。
断られてもなんとも思わないので、相手のことを気にする必要はありません。
そこで断れないと自分が損するだけです。
どうしても断るのが苦手・・・という人は一人で売りに行かず、友達や家族と一緒にお店に行ってください。
そこで提示された金額に納得できない場合は、連れてきた人に代わりに断ってもらいましょう。

悪徳買取業者の見分け方

優良業者の探し方は分かるけど悪徳業者の見分け方は分からないという人もいるでしょう。
悪徳業者を利用してしまうと本来の価格よりも大幅に安く買取されたり、場合によっては代金をもらえないこともあります。
悪徳業者には共通点があるので、どんなところに注目すればいいのか理解しておきましょう。

まずは査定の仕方に注目してください。
お客さんの見えないところに行って査定をする業者には注意してください。
ダイヤモンドの知識がないので誰かに相談していたり、奥で適当に査定していることが多いので、基本的に安く買取されます。
知識があって正確な査定ができる業者はきちんとお客さんの目の前で査定を行います。
さらにどうしてこの査定額になるのかをしっかりと説明してくれます。
悪徳業者の場合、こちらから聞かない限り、査定額の説明はありませんし、説明を求めてもしてくれません。
説明をしたくてもいい加減な査定、やましい査定をしているので説明ができないのです。
他の業者と比較して欲しくないので、見積書を作成してくれないところも多いです。
査定額に自信があれば、他社と比較されても問題ないので、すんなりと見積書を作成してくれますし、
普通は言わなくてももらえます。

査定をしたからには売らないといけないような雰囲気をかもしだす、高圧的な買取業者も避けた方がいいです。
「今売らないと後悔する」「すぐに価格が下がるから売るなら今」「うちが一番高いから絶対に売った方がいい」
「売るのをやめるならキャンセル料を払え」といったところは、間違いなく悪徳業者です。
ダイヤモンドの価値が一気に下がることはないので、他社と比較してからどこに売るのか決めても全然遅くはありません。
決断を急がせる業者は余裕がない証拠です。
余裕がある業者は査定額に自信を持っているので、今日は売ってくれなくてもまた違う日に売りに来てくれると信じています。
そのため、決断を急がせることはしませんし、高圧的な態度も取りません。

店頭買取をしておらず、宅配買取のみで運営している買取業者も少し気をつけた方がいいかもしれません。
店舗を構えると人件費やテナント代、光熱費、通信費など色々なコストがかかります。
この運営コストを削減するために店舗を持たない業者も増えています。
店舗がなければ運営コストを大幅に削減できるので、その分をお客さんに還元することも可能です。
ただ、店舗を構えている業者よりも悪徳業者が潜んでいる可能性が高いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket